車検対応フィルムについて

写真1貼りアップでは、陸運支局や県警などが運転席・助手席・フロントガラスに 着色フィルムなどを貼っている場合に測定するものと同じ機械『アルティア(IM2896-000P PT-50)』を 設備しております。

この測定器を持っていることで、可視光線透過率による的確なアドバイスとコンプライアンスの 安心提案を行っております。 お客様に安心と安全を提供する為にもフロント3面に透明断熱(IRカット)フィルムを貼る場合は 必ずアルティアで測定し、数値をお客様にご確認頂いた上で施工を致します。

 

写真2アルティア PT-50は、JIS規格に則り可視光線の領域を計測する機器です。車両のガラス メーカーもJIS規格に則った計測方法で可視光線透過率を測定しています。 アルティアは、その車両のガラス用可視光線透過率を測定する専用のメンテナンス用機器で、 市場に出た車両の測定、主に車検の際のフィルムが貼っている車両や警察が違法車両を摘発する際の 測定に使用する、いわば国内における可視光線透過率を測定するスタンダード(基準)なものとなります。