ヘッドライトプロテクションフィルム

現代のヘッドライトを保護するために塗られているハードコート層は、紫外線によって変質し、黄ばみや曇りを発生させてしまいます。
従来のヘッドライト・コーティングは、純正のコーティングよりも弱く、耐久性は1年程度と言われています。
高い耐久性を持つヘッドライト・プロテクションフィルムは、黄ばみや劣化を長期間防ぎます。

ヘッドライトの黄ばみ・劣化を5年間防ぐ※

ヘッドライト・プロテクションフィルムは、黄ばみの最大の原因となる紫外線を約93%以上カットします。

※日常の環境を擬似的に作り出すサンシャインウェザーメーターでの試験結果

飛び石によるダメージを防ぎ傷つけない

自己修復機能を持つ強靭かつ柔軟性のあるフィルムで、走行時の飛び石や砂塵、洗車キズなどのダメージから保護します。

■グラベルメーターでの再現テスト

■施工部分には一切ダメージが無い

日常の蓄積する汚れを防ぎ輝きが持続

フッ素加工を施した撥水防汚機能を持った保護層が、水垢などの日常的な汚れを防ぎます。

ヘッドライトプロテクションフィルムの構造

透明性・光量を維持し保安基準にも適合

ヘッドライト・プロテクションフィルムは、無色で透明度の高い無黄変ポリウレタンフィルムを使用しています。

よくあるご質問

Q.劣化したヘッドライトにも施工ができますか?

もちろん施工できます。

ヘッドライトプロテクションシステムは、ヘッドライトが綺麗な状態で施工を行うことを前提としておりますが、既存車でヘッドライトに黄ばみや劣化が見られる場合には、表面の研磨など下地作りのためのレストア作業が必要となりますが、基本的には施工可能ですのでご安心ください。
※基材に入ったヒビの修復、内部の曇りには対応していません。

Q.フィルムを貼っても車検は通りますか?

保安基準適合です。

本製品は無色で高透明な無黄変ポリウレタンフィルムを使用しております。メーカーで行った車検の保安基準による光量試験において、問題無く車検に通る結果を得ています。
各エリアの陸運局によって見解が違いますので、確認が必要です。また、フィルム施工後、使用環境やメンテナンス状況によっては、車検時に施工したフィルムを剥がす必要がある場合がございます。

Q.施工したフィルムは、自分で剥がせますか?

プロにお任せください。

本製品は通常の使用や洗車機などでも剥がれない密着性を持っています。ご自身で無理に剥がすと糊が残ったりハードコートにダメージを与える可能性がありますので、お問い合わせください。

料金のご案内

ヘッドライト左右/材料費・施工費含む-
30,000円(税別)

※ヘッドライトの複雑な形状は、施工不可になるか、別途見積の場合がございます。

※こちらの価格は、下地処理(研磨作業)は含まれておりません。

ヘッドライト左右/下地処理(研磨作業)-
各5,000円(税別)

※下地処理は、すでに白化、若しくは黄ばんだ状態の場合に処理が必要です。

プロテクションの場合、コーティングと異なり耐候性が3年程度見込めます。

先ずは、日時のご予約にて対応賜ります。

お問い合わせ電話番号
 092-411-3755

詳しいご質問に関して、現車両をお持ち込みいただきますと、担当者が説明させて頂きます。